ホーム > 02 > iPhoneアプリで稼ぐには高校生でも可能か?

iPhoneアプリで稼ぐには高校生でも可能か?

iPhoneのアプリを開発してApp StoreやiTunesに公開して広告料やアプリ内課金などで稼ぐためには事前にデベロッパー登録をして年間11800円の登録料を支払う必要がありますが、日本国内に在住している日本人は利用規約により20歳未満は登録することができません。


しかし、ここで諦める必要は無く親のアカウントを利用すれば登録が可能で、そちらからアプリを公開して収益を上げる方法があります。もしも親がアカウントを所有していなかったり許可を得られなかった場合は、アプリの販売を行っている企業に持ち込んで売り込むという方法もあります。この場合はライセンスやアイデアを買い取ってもらう契約をする際に法定代理人となる親権者または未成年後見人の同意が必要になります。